もう蜻蛉が飛ぶには遅いでしょう

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森です。
昨夜のブログでは尻切れ蜻蛉になってしまい申し訳ありません。
その後書くはずだった内容は別になんてことない小話なのでそっと目を瞑っていただければと存じます。

さて、やっと金月家にお香を焚く装置が届きました。
商品名、「蓮華」
まあ宣材写真を見る限りそこまで蓮華っぽくないのかなー、アジアン雑貨だしそう名前つけておいた方が面白みがあっていいのかなー、くらいに思っておりました。
で、届きました。

……思ったよりも蓮華でした。
面白いのでこのまま使うことにします。

というわけで、今はサンダルウッドの香りのお香を焚いております。
良き香りでふんす、と満足しております。
原稿……? 知らない子ですね……?

良い香りが満ち満ちているあたりで。

では、金森でした。