木を育てるということ

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森です。

今回のタイトルにはちょっとした意味があります。
ぼくの使っているアプリが、面白い機能を持っているのでその紹介みたいなもんです。

forest (Android  iTunes)というアプリなのですが、これは携帯電話を触らせないようにする管理アプリなのです。
アプリ名通り森を育てるアプリで、管理している間の時間、バーチャルで木を育てることができます。
このアプリを使っている間、ぼくは携帯電話を触らないだけでなく「Twitterをやらない、mastodonもやらない、ブラウザを開くときは検索のみ」という制約をかけています。
作業がめっちゃはかどります。先ほどは2時間で4000字ほど書きました。

さて、このアプリ。ここからが面白いところでですね。
一定数アプリ内通貨を集めると、干ばつ地帯に本物の木を植えることができるという機能がついているのです。
こりゃ面白い! と思ったぼくはせっせと通貨を貯めて、この間ついに本物の木を植えることに成功しました。

誰かの役に立ってくれればいいな、と勝手に思いを馳せています。
これからちょっと先は、育てられる木のバリエーションを増やすために通貨を使おうと思います。

どこかの木に思いを馳せながら。

では、金森でした。

 

人気ブログランキングへ
ぽちっといいね!
にほんブログ村

Topic-out-
Topic-out-
Topic-out-