日常が過ぎるたびに周期というものを思い出す

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。

どうも、金森です。

また柿の種とか豆とかが食べたくなる時期がやってまいりました。栄養補給期です。後に栄養排出期がくるのでその準備です。

 

こんな風なことを考えているとですね。

なんとなくだけれども人間ってのはやっぱり「周期」というものに深く支配されているのだなぁ、と思うのですよ。

一時間、一日、一週間、一ヵ月、一年……大きい小さいの区切りはあれど、どこか周期的に動く期間が現れます。

そんなことを考えると、やっぱし人間も獣なんだなー、とか思ったり。

それはともあれ柿の種おいしい。

 

やっとこさスランプを脱したのはお話しましたでしょうか。

とりあえずあのあとから7000字くらい書けたので一節の半分くらい書き終わりました。

もうすぐこの話も書き終わっちゃうなぁ……とか考えつつ書いています。感慨深い。

今日はこのあと、昼寝を挟んで風呂入ってご飯食べて寝ます。

 

では、金森でした。