紫色の空の下

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森璋です。

毎度のごとく小説書きをやっておりますのですが、この度とうとう「もうやだよー」と筆を投げ出したくなるようなグロい場面を書かなくならなくてはなり、自分のグロ耐性のなくなりかたにびっくりした所存であります。

匣maniaの活動がなかなか巧くいっているようで何よりだなー、と最近思っているのです。
このままじわじわメンバー増えて、いい感じのサークルになんねーかなーと他人事のようにぼんやり考えていたり(一応、主宰です)。

さー、もー、まー。逃げられないぞー原稿からは。
脱稿までもうひと頑張りしてきます。

金森でした。